WORKS

2021年3月

腱板断裂患者における後方関節包タイトネスに着目した保存療法の経過

理学療法−臨床・研究・教育 28(1), 29-34. 2021

村田健児​​

2020年11月

Effects of Exercise Therapy on Joint Instability in Patients with Osteoarthritis of the Knee: A Systematic Review

Osteoarthritis and Cartilage Open

Kawabata S, Murata K, Nakao K, Sono M, Morishita Y, Oka Y, Kubota K, Kuroo-Nakajima A, Kita S, Nakagaki S, Arakawa K, Kokubun T, Kanemura N

2020年3月

前十字靭帯損傷後の関節制動が筋萎縮関連タンパク質に及ぼす影響

理学療法-臨床・研究・教育. 27(1): 31-35.

村田健児, 岡優一郎, 加納拓馬, 藤原修平, 金村尚彦

2020年3月

胸鎖関節炎と拘縮肩を合併した一症例

理学療法-臨床・研究・教育.27(1): 77-80.
村田健児

2020年3月

リバース型人工肩関節患者におけるリーチ動作のバイオメカニクス

理学療法-臨床・研究・教育.27(1): 62-66.
村田健児, 小林章

2019年11月

Use of thermal sensors for fall detection in a simulated toilet environment

International Journal of New Technology and Research 2019.5(11):32-35

Shirogane S, Takahashi H, Murata K, Kido S, Miyasaka T, Saga T, Sakurai S, Hamaguchi T, Tanaka

2019年10月

Impact of Controlling Abnormal Joint Movement on the Effectiveness of Subsequent Exercise Intervention in Mouse Models of Early Knee Osteoarthritis

Cartilage. 2019. doi: 10.1177/1947603519885007

Oka Y, Murata K, Kano T, Ozone K, Arakawa K, Kokubun T, Kanemura N.

2019年6月

Controlling joint instability after anterior cruciate ligament transection inhibits transforming growth factor-beta-mediated osteophyte formation

Osteoarthritis and Cartilage. 2019; 27(8): 1185-1196.

Murata K, Kokubun T, Onitsuka K, Oka Y, Kano T, Morishita Y, Ozone K, Kuwabara N, Nishimoto J, Isho T, Takayanagi K, Kanemura N

2019年6月

Restoring knee joint kinematics after anterior cruciate ligament injury might inhibit synovial membrane inflammation

Sports Science for Health 15(1), 249-253, 2019
Murata K, Kokubun T, Takayanagi K, Kanamura N.

2020年11月

Effects of Controlling Abnormal Joint Movement on Expression of MMP13 and TIMP-1 in Osteoarthritis

Cartilage 2020.11(1); 98-107. Onitsuka K, Murata K, Kokubun T, Fujiwara S, Nakajima A, Morishita Y, Kanamura N.

2018年5月

Exercise enhances cognitive function and neurotrophin expression in the hippocampus accompanied by changes in epigenetic programming in senescence-accelerated mice

Neuroscience Letters 2018. 5(665); 67-73.

Maejima H, Kanemura N, Kokubun T, Murata K, Takayanagi K.

2017年3月

Controlling abnormal joint movement inhibits response of osteophyte formation

Cartilage 2017.  9(4);391-401
Murata K,Kanemura N,Kokubun T, Morishita Y,Onistuka K,Fujiwara T, Nakajima A,Fujino T,Takayanagi K

2017年3月

関節運動の変化が関節軟骨・半月板に及ぼす影響 -運動学的異常は関節軟骨・半月板変性の独立した危険因子であるのか

理学療法 -臨床・研究・教育 2017. 24(1); 77-83.
村田健児,金村尚彦,国分貴徳,森下佑里,鬼塚勝哉,藤原秀平,藤野努,高柳清美

2016年9月

Controlling joint instability delays the degeneration of articular cartilage in a rat model

Osteoarthritis and Cartilage 2016.25(2); 297-308.
Murata K,Kanemura N,Kokubun T, Morishita Y,Onistuka K,Fujiwara T, Nakajima A,Fujino T,Shimizu D, Takayanagi K

2016年9月

Acute chondrocyte response to controlling joint instability in an osteoarthritis rat model

Sport Sciences for Health 2016. 13(1); 113-119.

Murata K,Kanemura N,Kokubun T, Morishita Y,Fujino T,Takayanagi K

 

​書籍・総説

スクリーンショット 2022-06-17 12.03.48.png
スクリーンショット 2022-06-17 12.06.03.png
スクリーンショット 2022-06-17 12.06.59.png

2021年11月

リハビリテーションのための姿勢と動作

​担当部分:肩関節腱板損傷・腱板断裂

株式会社シービーアール

金村尚彦,濱口豊太編

 

2021年3月

理学療法における症例報告の意義と査読のポイント

理学療法 -臨床・教育・研究-

村田健児

2019年11月

関節不安定性が関節構成体に及ぼすメカノセンシング

月刊 細胞13(51)32-34. 

村田健児, 金村尚彦, 国分貴徳

北隆館 ニューサイエンス社

 

競争的資金(グラント)

2022年4月- 埼玉県立大学 奨励研究費 (S)

エストロゲンの抗炎症作用に着目した関節軟骨分解メカニズムの解明と治療戦略の探索

研究代表者 村田健児

2022年4月- 公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成

筋芽細胞を対象とした性差におけるメカニカルストレス感受性の検証

研究代表者 村田健児

2022年3月- 公益財団法人 中冨健康科学振興財団

結合組織におけるエストロゲンの合成・分解機構の解明

研究代表者 村田健児

2020年4月- 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究

関節不安定性に基づく関節軟骨の潤滑機構破綻メカニズムの解明

研究代表者 村田健児

2020年1月 公益財団法人日本科学協会 海外発表促進助成

研究代表者 村田健児

2017年4月 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B) 

関節不安定性が及ぼす関節軟骨変性カスケードの解明

研究代表者 村田健児

2016年4月 公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成

運動学的制御が関節軟骨の低摩擦潤滑機能に及ぼす効果の検証

研究代表者 村田健児

 

学会発表

2022年4月(2022  Osteoarthritis Research Society International

■ Effect of relaxin on MMP-13 expression chondrocyte and synoviocytes

​KOJIMA TAKUMA(大学院生)

2022年2月(ORS 2022 Annual Meeting)

■ Effect of joint immobilization on ligament strength in self-healing model of the anterior cruciate ligament

TAKASU CHIHARU(大学院生)

■ Suppression of tibia anterior instability after anterior cruciate ligament injury prevents muscular atrophy factors

MURATA KENJI

2022年1月(第30回埼玉県理学療法学会)

■ 膝前十字靭帯由来細胞における引張刺激に対するmRNA発現量の調査
高須千晴(
学部4年生

■ 膝前十字靭帯治癒過程における靭帯細胞のコラーゲンmRNA発現量の調査

寺田秀伸(学部4年生

■ 膝前十字靭帯由来線維芽細胞におけるタンパク質分解酵素に着目したリラキシン添加の影響

​小島拓真学部4年生

■ 装具療法が関節不安定性を有する変形性膝関節症患者の疼痛や機能に及ぼす影響

榊田拓真(学部4年生)

 

2021年10月23日(第 26 回日本基礎理学療法学術大会)

■ 足部外側靭帯切除による異なる足部不安定性ラットモデルの確立

川端空(大学院生)

■ 膝前十字靭帯自己治癒モデルに対する関節固定が靭帯強度に及ぼす影響

高須千晴(学部4年生)

2021年9月11日(第9回日本運動器理学療法学会学術大会)

■ 足関節捻挫後の足部不安定性と捻挫再発との関係-システマティック・レビューによる調査-

​川端 空(大学院生)

2021年1月(第29回埼玉県理学療法学会)

■ 変形性膝関節症患者の関節不安定性に着目した運動療法の効果-システマティック・レビューによる検討-
川端 空
(学部4年生)

■ 関節不安定性の制動における滑膜の炎症性サイトカインを抑制効果について

村田 健児

■ラット足関節拘縮モデルにおける運動介入が足関節及び膝関節の関節包に及ぼす生化学的影響

中尾 幸暉(学部4年生)