検索
  • 健児 村田

色素結合法を用いたコラーゲンの定量

利用する消耗品・機器

・1.5mlチューブ

・50ml遠沈管

・96wellプレート

・遠心分離機

・マイクロプレートリーダー

・ローテーター(共同実験室にはまだない)

・サンプル:培地を測定する場合、FBS 含有量は 5 %以内のものとすること


利用する試薬

・Direct Red 80

・ピクリン酸飽和溶液

・コラーゲン from bovine achilles tendon(スタンダード用)

・0.5M酢酸(作成して試薬瓶に保管)

・0.5M水酸化ナトリウム水溶液(作成して試薬瓶に保管)


計測Range: 0,5,25,50,75,100μg

100μg以上は再度予備実験必要となる


測定方法

1). 染色液の準備として、Direct Red 80水溶液(1mg/ml)とピクリン酸飽和水を1:1で混合

2). スタンダード作成のために1.5mlチューブに0.5M酢酸に溶解したⅠ型コラーゲンを段階希釈(0,5,25,50,75,100μg)として100μl加え、更に染色液1mlを加える

※現在、冷凍で保存しているコラーゲン溶液は1000μg /㎖である

※可溶性のコラーゲンを購入:Collagen from rat tail:0.1 M acetic acid: 1 mg/mL (Allow to stir at room temperature 1-3 hours until dissolved.)

※冷凍保存でどれくらいデータが変化するかは今後検討が必要


3). 1.5mlチューブを転倒混和し、ローテーターで30分攪拌する

※1.5mlチューブがローテーターに合致しないため、サランラップなどで止めながら対応


4). 12000rpmで3分間遠心分離


5). 上澄み液を除去する


図にように赤い結晶のような

ものが確認できる。

※上澄み液を完全に取り除く


            側面の黄色のピクリン酸を除去すること


6). 1mlの0.5M水酸化ナトリウム水溶液を加え、ボルテックス










7). 96Wellプレートに200μlずつ分注し、550nmで吸光度を測定する

※ 562nmで吸光度を測定する


8). 測定値をブランク値で補正し、検量線から得られる近似曲線式に代入し、コラーゲン量を測定する





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

軟骨細胞分散法

利用する消耗品・機器 ・実験動物(4週齢ラット) ・1.5mlチューブ ・15ml遠沈管 ・遠心機 ・恒温機 利用する試薬 ・Collagenase D(Sigma) ・分散用D-MEM ・培地DMEM(Pen-Step、10%FBS含) 分散方法 1). 分散用コラゲナーゼD/DMEM溶液を作成する(3mg/ml) 2). 37℃に温めておきながら、ラットから関節軟骨を採取する 3). 採取した

組織からのタンパク質抽出

ACLからのタンパク質の抽出 利用する試薬 ・T-PER Mammalian Protein Extraction ReagentまたはLIPA buffer ・Thermo Scientific Halt Protease Inhibitor Cocktail, EDTA-Free (Product No. 87785) カクテルを作成する:M-PERにInhibitor Cocktail, E