検索
  • 健児 村田

培養細胞からのタンパク質の抽出

培養細胞からのタンパク質の抽出


利用する試薬

・M-PER Mammalian Protein Extraction ReagentまたはLIPA buffer

・Thermo Scientific Halt Protease Inhibitor Cocktail, EDTA-Free (Product No.

87785)


ACL細胞を100mmプレートに播種しておく

コンフルエントに達した時点でタンパク質の抽出を実施する


100mmディッシュで0.5-1ml量のM-PERを利用する


カクテルを作成する:M-PERにInhibitor Cocktail, EDTA-Free x100を混合する

1. 37℃のPBS(-)を1mL加え、ディッシュをかるく揺すってから、アスピレーターでPBS(-)を吸引する

2. 適切な量のM-PERカクテルを100mmディッシュに添加する

3. ヘラで細胞を採取し、ライセートを収集。2mlチューブに移行する

4. サンプルを約14,000×gで5〜10分間遠心分離し、ペレット化する

5. ペレットを採取しないよう注意深く上清を採取する


適切な濃度にして保管する

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

軟骨細胞分散法

利用する消耗品・機器 ・実験動物(4週齢ラット) ・1.5mlチューブ ・15ml遠沈管 ・遠心機 ・恒温機 利用する試薬 ・Collagenase D(Sigma) ・分散用D-MEM ・培地DMEM(Pen-Step、10%FBS含) 分散方法 1). 分散用コラゲナーゼD/DMEM溶液を作成する(3mg/ml) 2). 37℃に温めておきながら、ラットから関節軟骨を採取する 3). 採取した