検索
  • 健児 村田

免疫蛍光細胞染色法(96well plate)

事前準備

免疫蛍光細胞染色をする細胞を播種

細胞の種類にもよるが48時間〜72時間後に以下手順で実施する


全ての手順で細胞を乾燥させずに素早く実施すること

  1.  培地を20 ul 程度残し、アスピレート

  2.  洗浄 D -PBS 200 ul x2

  3.  固定 4%PFA 100 ul RT, 5 min

  4.  洗浄 0.01% Triton/DPBS 200 ul x2

  5.  透過処理 0.2% Triton/DPBS 100 ul RT, 5 min。

  6.  洗浄 0.01% Triton/DPBS 200 ul x2

  7.  ブロッキング 1% BSA 50 ul RT, 30 min。

  8.  一次抗体を1% BSA で希釈

  9.  ブロッキングの1% BSA をアスピレート

  10.  抗体希釈液 50 ul を添加

  11.  インキュベーション, 4°C, 3時間〜6時間

  12.  二次抗体を 1% BSA で希釈

  13.  二次抗体希釈液 50 ul を添加

  14.  アルミホイルで遮光, RT, 1 hr。

  15.  洗浄 0.01% Triton/DPBS 200 ul x3

  16.  DAPI 50 ul を添加

  17.  インキュベーション, RT, 5 min。

  18.  洗浄 DPBS 200 ul x2

  19.  DPBS を50 ul 添加。

  20.  顕微鏡で観察・撮影する。




65回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

軟骨細胞分散法

利用する消耗品・機器 ・実験動物(4週齢ラット) ・1.5mlチューブ ・15ml遠沈管 ・遠心機 ・恒温機 利用する試薬 ・Collagenase D(Sigma) ・分散用D-MEM ・培地DMEM(Pen-Step、10%FBS含) 分散方法 1). 分散用コラゲナーゼD/DMEM溶液を作成する(3mg/ml) 2). 37℃に温めておきながら、ラットから関節軟骨を採取する 3). 採取した

組織からのタンパク質抽出

ACLからのタンパク質の抽出 利用する試薬 ・T-PER Mammalian Protein Extraction ReagentまたはLIPA buffer ・Thermo Scientific Halt Protease Inhibitor Cocktail, EDTA-Free (Product No. 87785) カクテルを作成する:M-PERにInhibitor Cocktail, E